NISA(ニーサ)のはじめ方を初心者向けに説明しています。

NISA(ニーサ)のはじめ方では、非課税制度「NISA(ニーサ)」の仕組みや、NISAの活用法についてご説明しています。

  • IPOでNISAのメリットが大きくなる
  • NISA口座を選ぶポイント
  • ジュニアNISAとは?
  • NISA(ニーサ)の問題集

NISA(ニーサ)とは?

NISAとは?

「NISA」とは 一体、何でしょう?

読み方は「ニーサ」で、CMや雑誌などで名前だけは聞いたことがあるかもしれません。


正式名称は「少額投資非課税制度」になり、2014年から開始されました。

NISAの大きなメリットは、NISA口座で購入した年間120万円の金融商品を上限として投資元本の運用益が非課税となります。

また、その売却益や配当金(分配金)が最長で5年間、非課税(税金を徴収されない)になります。

  • 株式投資」の売買で得た利益(譲渡益)や配当金が非課税になる。
  • 投資信託」の売買で得た利益(譲渡益)や分配金が非課税になる。

つまり、NISA口座で購入した株式投資や投資信託の利益に関して、税金が発生しないというメリットがある制度です!

2014年と2015年は毎年100万円が上限でした。2016年以降は毎年120万円が上限に。

非課税ってどういう事?

株式投資や投資信託で得た「配当金」や「売却益」には20%の税金がかかります。
※復興特別所得税が0.315%加算されますが、分かりやすくする為 下記では計算しません。

NISA口座で得た利益は非課税(税金が0円)に。 通常の課税口座には利益に対して20.315%が課税対象に。

例として、株式投資などで売却益が100万円プラスだった場合、

100万円(売却益) × 20%(税率) = 20万円の税金

を納める必要があります。

NISAは、NISA口座で得た利益を非課税(0%)にする制度ですから、先ほどの例の場合、NISA口座を活用すると納めるべき税金が0円になります。

NISAを活用すると「最大で1人あたり1,160万円分の投資元本が非課税対象」となり、売却益や配当金などに税金がかからないので、節税効果は抜群です。

上場株式や投資信託などの配当金や売却益などの税金

NISA口座と通常の課税口座(特定口座/一般口座)で、それぞれ 株式の売却による利益が50万円出た際の、税金の違いはコチラです。

NISA口座で得た利益は非課税(税金が0円)に。 通常の課税口座には利益に対して20.315%が課税対象に。

利益に対して税金が発生しないNISA口座は、得られる利益額が大きければ大きい程、その恩恵を受けられます。

NISA制度を活用して節税対策をしましょう

NISAはこれから投資を始める人も、すでに投資を行っている人も、有効に活用すると大変お得になる制度です。「NISAとは何か?」を一緒に勉強して有効活用していきましょう。

2023年までの期間限定制度

NISAは2014年から2023年までの10年間の期間限定制度です。

制度名に小額と入っていますが、10年間で1人あたり1,160万円の非課税枠を利用出来ますので、その恩恵は私みたいな庶民にはとっても有難いです。

  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「NISAのはじめ方」における無断の複製・コピーを一切禁止いたします。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。

「NISAのはじめ方」はSSL対応です。