NISA(ニーサ)のはじめ方

NISA(ニーサ)のはじめ方では、非課税制度「NISA(ニーサ)」の仕組みや、NISAの活用法についてご説明しています。

  • IPOでNISAのメリットが大きくなる
  • ジュニアNISAとは?
  • NISA(ニーサ)の問題集

NISAのはじめ方 -更新履歴-

マネックス証券」と「SBI証券」にて現金が頂けるお得なタイアップキャンペーン中です♪


上場株式や投資信託などの配当金や売却益などの税金

NISA口座と通常の課税口座(特定口座/一般口座)で、それぞれ 株式の売却による利益が50万円出た際の、税金の違いはコチラです。

NISA口座で得た利益は非課税(税金が0円)に。 通常の課税口座には利益に対して20.315%が課税対象に。

利益に対して税金が発生しないNISA口座は、得られる利益額が大きければ大きい程、その恩恵を受けられます。

NISA制度を活用して節税対策をしましょう

NISAはこれから投資を始める人も、既に投資を行っている人も、有効に活用すると大変お得になる制度です。「NISAとは何か?」を一緒に勉強して有効活用していきましょう。


9/29(木)まで!

マネックス証券とのお得なタイアップキャンペーン

マネックス証券」さんと 「現金 3,000円」or「投資本」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

7/31(日)まで!

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度8年連続第一位

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


SSL GMOグローバルサインのサイトシール

「NISAのはじめ方」はグローバルサインにより認証されています。
SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。