「ジュニアNISA」とは?

家族

2016年4月より0歳~19歳まで利用できる「ジュニアNISA」がスタートします!
※ジュニアNISAの口座開設は2016年1月より可能です。


蛇足ですが、「ジュニアNISA」にやっと名称が落ち着きました。
これまでは「子どもNISA」や「子供版NISA」など呼び名が色々とありました。

20歳以上が利用可能な「NISA」と やや仕組み等が違ってきますので、こちらで詳しく説明していきたいと思います。

ジュニアNISA創設の目的

「ジュニアNISA」の創設により、子供を持つ親世代の投資を促す目的があります。

ジュニアNISAの利用対象者は約2,000万人。
利用者が5%で1人あたり60万円の投資を行うと仮定すると、年間で6,000億円もの大きな資金が市場に流れます。(買い注文が出れば株価もあがりやすくなる)

ジュニアNISAの利用対象年齢は0歳から。

赤ちゃんはもちろん投資できませんので、祖父母や両親などが代理運用します。
まさしく親や祖父母の投資を促すための制度ですね (  ̄∇ ̄)

両親と未成年の子供が2人いるご家庭の場合、一年間で利用できる非課税枠の合計は家族全体で400万円になります。(120万円+120万円+80万円+80万円)

管理人も「マネックス証券」にてジュニアNISAを運用する予定です。
未成年口座の開設については本サイトの記事も参考にしてみて下さい。

「ジュニアNISA」の概要

「ジュニアNISA」の概要です。

利用対象者 日本在住で 0歳 ~ 19歳
非課税枠 毎年80万円の非課税枠を利用
非課税期間 5年間※5年目の年末まで
投資可能期間 2023年まで
資金の引き出し 非課税の適用を受ける為には原則、18歳までは引き出せない
(途中で引き出す場合は過去に生じた利益に課税)
口座管理人 親権者
金融機関の変更 不可

非課税の期間は5年間。1年間の非課税枠の上限は80万円です。
つまり、5年間で最大400万円の非課税枠が利用出来ます。

期間中に20歳以上になった場合は、通常の「NISA」へ自動的に移行されます。

ジュニアNISAの概要

株主優待や配当金も受け取れる

ジュニアNISAでも株式投資による「配当金」や「株主優待」、投資信託による「分配金」などを受け取れます。

株主優待にはオモチャや施設の利用券を頂ける企業もありますから、そちらの株を購入して定期的に受け取るというのも面白そうですね (  ̄∇ ̄) ※株価が下がらないかのチェックは必要です

日本株の約60%は20万円以下の資金で購入が可能です。
また、10万円以下で購入出来る銘柄も約30%あります。2014.10.17時点

おもちゃを頂ける株主優待

施設を利用出来る株主優待


※掲載株価は2014.10.17時点での最低購入代金です。

続いて、「NISAとの相違点」を紹介していきたいと思います。


5/31(水)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク