株式投資で配当金を受け取りたい:NISA(ニーサ)を有効に活用しよう

自分で選んで安定的に利益を受け取りたい方向け

NISA口座では、株式投資の「配当金」が非課税となります。
また、NISA口座の非課税枠は5年間利用することが可能です。

配当金が非課税に

上記の図は配当利回りが年3%の例です。
毎年3万円分の配当金を5年間受け取ると、計15万円分の配当金を頂くことになります。

NISA口座の場合は非課税対象になり、配当金に対して税金が発生しません。

課税口座だと15万円(配当金)×20.315%(税率)=30,472円の税金が発生します。

株式投資で配当金を長期的に受け取ることを考えた場合、

「配当利回りが良く、財務内容が健全で安定的な銘柄」

を選ぶのがおすすめです。

配当利回りが良ければ受け取れる配当金も多くなり、財務内容が健全であれば倒産などの心配も少なくなります。

NISA口座で人気のある株

NISA開始後、主要証券会社において3ヶ月間で買われた銘柄TOP10です。
日本経済新聞社 調べ / 数値は2014.4.4時点での配当利回り)

株式投資では、配当利回りが高く安定的な銘柄が買われています。

  1. 武田薬品工業3.7%
  2. みずほFG3.1%
  3. キヤノン4.0%
  4. 三菱UFJ2.4%
  5. トヨタ自動車2.8%
  6. 三菱商事3.3%
  7. イオン2.2%
  8. NTTドコモ3.8%
  9. あおぞら銀行4.7%
  10. ソフトバンク0.5%

10位のソフトバンク以外は「配当利回り」が2%を超えています。
つまり、配当金目当てでNISA口座を利用して購入している方が多いのが分かります。

銀行の金利は、定期預金で300万円未満を1年間預けても、わずか0.025%程度しかありません。※2015年4月現在。3大メガバンクの場合。ちなみに10年預けても0.1%程度。

(例)100万円を5年間運用する場合。

  • 定期預金で5年間(利率0.05%)
     ⇒ 1,002,503円 / 増えた資産は 2,503円
  • 株式投資で5年間配当金をもらう(配当利回り3%)
     ⇒ 1,159,274円 / 増えた資産は 159,274円

SBI証券や楽天証券ではランキングも掲載

SBI証券」や「楽天証券」では、NISA口座における「買付金額ランキング」や「保有残高ランキング」を発表しています。

国内株式、外国株式、投資信託、それぞれの金融商品ごとにランキングを発表していますので、みなさんがどんな銘柄や投資信託を購入しているのかを参考にすることが出来ます。

配当金の受取方法を確認

株式投資の配当金をNISA口座で非課税で受け取るには「株式数比例配分方式」を選択しないといけません。詳しい説明は下記にてどうぞ。

投資信託の分配金狙いとの違い

投資信託はプロが運用するもので、商品がいろいろあります。
対して、株式投資では 基本的に自分で判断して購入する株式を選びます。

株の中には配当金だけではなく、株主優待を実施している企業も多いので、「配当利回り+株主優待」で選んでも良いですし、ご自身の好きな企業(応援したい企業)に投資をすることも出来ます。

株式投資と投資信託。
どちらで配当金・分配金を狙うかは お好みになります。

次項の「投資信託で分配金狙い」も参考にしてみて下さい。


7/31(月)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク