IPOにNISA口座で参加し大きな利益を狙う:NISAを有効に活用

当たればローリスク・ハイリターンの運用方法

NISA口座の非課税枠を有効活用できる1つの方法として、人気のある「IPO」の抽選に参加し大きな利益を狙う方法があります。

4コマ:IPOとは?1 4コマ:IPOとは?2 4コマ:IPOとは?3 4コマ:IPOとは?4

「IPO」とは「新規公開株」のことで、新規に東証やマザーズなどの市場に上場することを指します。上場前に抽選にて「公開価格」にて取得(購入)することができます。

宝船

IPOは「公開価格」にて取得し、「初値(上場後につく株価)」で売却をすることにより大きな利益を得られる可能性があります。


管理人の奥様は「SBI証券」でNISA口座を開設しています。

人気IPO「RPAホールディングス」に当選しNISA口座で購入しました。(IPOの当選実績

NISA口座でIPOを購入

初値売りによる利益額は107万1千円

本来かかる税金分 217,573円が非課税(0円)となりました。

2017年のIPOの結果

2017年のIPOの結果です。

IPO上場数 初値 >公開価格 騰落率 すべて当選し、初値で
売却した場合の利益
90社 82社(91%) 109.21%(2.09倍) 19,195,500円

2017年もIPOが好調で、かなり良い結果となりました。
初値売りで100万円超えの売却益を得られるIPO銘柄が2銘柄も登場しました。

2018年の最新実績は姉妹サイト「IPO 上場実績 一覧(2018年)」でご確認できます。

IPOを初値で売却した場合の利益 TOP5過去二年間

IPOが抽選で当選し(公募価格)、「初値にて売却した際の利益額」と「NISA口座購入時における非課税額」です。

2018年 IPO株 初値売りによる利益額TOP3と非課税額

2018.6.14時点

銘柄 初値売りによる利益 NISA口座に
よる非課税金額
アジャイルメディア・ネットワーク 124万7千円 253,328円
RPA HD 107万1千円 217,573円
ビープラッツ 78万円 158,457円

2017年 IPO株 初値売りによる利益額TOP3と非課税額

銘柄 初値売りによる利益 NISA口座に
よる非課税金額
トレードワークス 114万円 231,591円
ヴィスコ・テクノロジーズ 108万円 204,775円
ユーザーローカル 95万6千円 194,211円

いかがでしょうか?
人気のあるIPOは、得られる利益が かなり大きくなります。

利益が大きくなる程、NISA口座による非課税枠の恩恵も大きくなるNISAとの相性もバッチリです。

IPOの魅力

IPOの抽選に参加し、当選した場合、初値で売却するだけで上記の利益が得られるんです。
さらに、NISA口座であれば、その利益に税金は発生しません (  ̄∇ ̄)

NISA口座は譲渡益が非課税に

上記で紹介しましたが、管理人の奥様が「SBI証券」で人気IPO「RPAホールディングス」に当選しNISA口座で購入しました。

初値で売って107万1千円の利益を確定しました。

本来かかる税金分は217,573円ですが、非課税枠適用となり税金が発生しません(0円)です。

NISA口座 NISA口座で得られた譲渡益は非課税に。
つまり、107万1千円の譲渡益にかかる税金は0円
課税口座
(特定口座 / 一般口座)
譲渡益にかかる課税は20%。(更に復興所得税が0.315%加算)
107万1千円 × 20.315% = 217,573円が税金に。

NISA口座で人気IPOが当選・購入できると、非課税枠の恩恵がとても大きくなります。

NISA口座でIPOの抽選に参加できる証券会社

管理人が各証券会社に問い合わせた時点で、NISA口座にてIPOの銘柄に抽選参加・購入できるのは大手ネット証券の中では下記の証券会社でした。※2018.7.13 時点

証券会社 引受幹事数(委託含む)
2017年 2016年 2015年
SMBC日興証券
ダイレクト
【 公平抽選 】
71社 64社 72社
マネックス証券
【 公平抽選 】
49社 46社 50社
SBI証券
【 口数比例抽選 】
83社 75社 78社
カブドットコム証券
【 公平抽選 】
27社 19社 18社

「公平抽選」は一人につき1口の抽選権が与えられます。
つまり、資金量に関係なく平などに当選する機会があります。
(管理人は「マネックス証券」で15度、「SMBC日興証券」で16度、「SBI証券」で10度 当選しています)

「口数比例抽選」は応募口数により応募口数に応じた抽選権が与えられます。
つまり、資金量が多いほど申込み口数が多くなり当選しやすくなります。
(宝くじを買う枚数が多いイメージ)

デメリットは?

デメリットは もちろん あります。

「IPOに当選する事」と「初値が公開価格を上回る事」
この2つが合わさってはじめて節税効果が生まれます。

IPOの抽選は「宝くじ」や「懸賞」のようなもので、簡単には当たりません。
それもそのはず。上記のように利益が出る可能性が大きいので みな応募しますので。

ただし、人気があるIPO銘柄は、初値が公開価格を下回ることは ほとんどなく、ローリスク・ハイリターンが期待出来ますので、チャレンジしてみる意味は大いにあります。

参考までに、姉妹サイトにて、IPOの上場スケジュールと、人気化しやすいIPOの特徴を確認してみてください。

管理人自身は「マネックス証券」にてNISA口座を開設していますが、NISAメインの活用を検討している身内は「SBI証券にてNISA口座を開設しています。
当たればラッキーくらいの気持ちでIPOだけ狙って二人とも抽選に参加しています。
⇒ 後日 人気IPOに当選しました!

大当たりすれば大きな節税効果に、当たらなかったら非課税枠のムダになります (  ̄∇ ̄)

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。