資産が減るリスクを極限まで減らしたい:NISAを有効に活用しよう

資産を減らしたくない方向け

NISA口座で損失を出した場合、他の口座で得た利益等と損益通算が出来ません。
また、大切な資産も減ってしまいます。

そこで、資産を極限まで減らしたくないと考えている方には「バランス型の投資信託」がおすすめです。

バランス型の投資信託とは?

バランス型の投資信託では、株式の他、リスクが低い国権なども組み入れることにより、リスクが分散され安定的な運用が可能になっています。※元本は保証してません

一口にバランス型といっても、株と債券だけではなく、不動産投信を組み入れたものもあります。
また、組み込まれている金融商品の比率等により、リターンとリスクの関係も違います。

ハイリスク・ハイリターン
(利益が大きいがリスクも高い)
比率 ローリスク・ローリターン
(リスクは低いが利益も低い)
アクティブファンド 運用スタイル インデックスファンド
比率が大きい 株式の比率 比率が少ない
比率が大きい 海外の金融
商品の比率
比率が少ない
比率が大きい 新興国の金融
商品の比率
比率が少ない

極限までリスクを抑えたいのであれば、「インデックス型のバランス型ファンド」を選択し、その中でも海外の金融商品の比率が低いものを選択する必要があります。


2017/3/31(金)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク