積極投資で大きな値上がり益を期待:NISAを有効に活用しよう

自己責任で大きな利益を掴みたい方向け

NISA口座で積極的な投資を行い、大きな値上がり益を期待します。
成功すれば、NISA口座の非課税の恩恵を最大限に受けられます。

株式投資 投資信託
・国内株式
・外国株式
・新興国に重点を置いている「投資信託」
・積極投資している「利益追求型の投資信託」など
 (アクティブファンド)

上記の金融商品などを利用することで大きなリターンを期待出来ます。

自分で行うのが「株式投資」。
プロに任せるのが「投資信託」。


2014/3/5の日経新聞によると、NISA口座を開設した人のうち、69%が「日本の個別株式に投資をしたい」と考えているようです。

上記の金融商品はリターンも大きいですが、リスクも大きいので株式投資ではリスク管理が必要になり、投資信託は信託選びが重要になります。

投資初心者が上記を利用する場合は、注意をしてはじめましょう。

株式投資の世界では損失を出さない為に「経験」なり「慣れ」があった方が損を出す危険性は低くなります。
「慣れ」とは株式投資の相場の流れだったり、証券会社の注文の仕方など。

譲渡益に関する非課税の恩恵は大きい!

NISA口座では譲渡益が非課税になります。
よって、利益を出せば出す程、非課税の恩恵が大きくなります。

(例)NISA口座で100万円で購入した株が150万円になり、売却した場合。

売買の差額で大きな利益を得る
NISA口座 NISA口座で得られた譲渡益は非課税に。
つまり、50万円の譲渡益にかかる税金は0円
課税口座
(特定口座 / 一般口座)
譲渡益にかかる課税は20%。(更に復興所得税が0.315%加算)
50万円 × 20.315% = 101,575円が税金に。

上記のように、譲渡益がいくらになっても税金が発生しないので、その利益がまるまる資産になるのが魅力です。


7/31(月)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク