祖父母からの贈与でNISAを利用:NISA(ニーサ)を有効に活用しよう

親や祖父母から資金を贈与してもらい、NISAを始める方も増えているようです。

贈与税は、贈与される人1人あたり年間110万円まで非課税となります。

贈与税の非課税適用とNISAは相性が良い

贈与税では200万円以下の場合、10%の税率がかかります。(2014年時点)
ただし、親から子への生前贈与で110万円以下の場合、贈与税がかかりません。

お孫さんへの贈与

そこで、税金がかからない110万円を贈与して、節税する親や祖父母が増えています。さらに、その贈与された資金を利用してNISA口座で投資を始める方が増えているというワケです。


  • 贈与税は「年間110万円」以下の場合、贈与税がかからない
  • NISA口座は「年間100万円」の非課税枠を利用出来る

という事で、お互いの相性が良いんです(  ̄∇ ̄)

祖父母の場合、子供1人、孫2人に贈与を行うと年間で300万円分をNISAで投資・運用が出来ます。10年間だと3,000万円分になり、大きな節税となります。

0歳~19歳まで利用可能な「ジュニアNISA」も2016年4月より開始します。

こちらも、毎年80万円までの非課税枠を利用することが出来、贈与と相性が良いです。

投資信託と相性が良い!

親や祖父母は、子供や孫に資産を残してあげる手伝いを行うことが出来ます。

ジュニアNISAは相続税対策になる」のページも参考にしてみて下さい。

本人があまり投資に積極的でない場合、資金を代理で運用してくれる「投資信託」がおすすめです。
元本割れリスクの少ない「バランス型の投資信託」を選択して利用すると、安定的に子供や孫に資産を残すことが出来そうです。

もちろん、積極的に運用しても良い

本人が投資に積極的な場合は、目的に応じて自由に金融商品を選んでも良いと思います。

NISA制度は「年金の代わりに自分で資産を形成する」という目的がありますので、本来はこちらが一番望ましいと思います。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「NISAのはじめ方」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • お問合せは メインサイトの「初心者の株式投資道場 お問合せフォーム」よりお願いします。