NISA(ニーサ)とは?

NISAとは?

「NISA」とは 一体、何でしょう?

読み方は「ニーサ」と読み、制度名は「少額投資非課税制度」です。


NISAのCMなどで名前だけは聞いたことがあるかもしれませんね。

NISAとは、上記の制度名から少しだけ想像がつくかもしれませんが、

「小額」の「投資」を「非課税」とする「制度」です。

きちんと説明すると、

株式投資や投資信託など新規購入分を対象として、2014年と2015年は毎年100万円が上限、2016年以降は毎年120万円を上限として、その売却益や配当金(分配金)を最長で5年間、非課税(税金を徴収されない)にした制度です。

また、NISAは2014年から2023年までの10年間の期間限定制度です。

小額とは言っていますが、10年間で1人あたり1,160万円の非課税枠を利用出来ますので、その恩恵は私みたいな庶民にはとっても有難いです。

非課税ってどういう事?

NISA口座で得た利益は非課税(税金が0円)に。 通常の課税口座には利益に対して20.315%が課税対象に。

株式投資や投資信託で得た「配当金」や「売却益」には20%の税金がかかります。
※復興特別所得税が0.315%加算されますが、分かりやすくする為 下記では計算しません。

例として、株式投資などで売却益が100万円プラスだった場合、

100万円(売却益) × 20%(税率) = 20万円の税金

を納める必要があります。

NISAは、NISA口座で得た利益を非課税(0%)にする制度ですから、先ほどの例の場合、NISA口座を活用すると納めるべき税金が0円になります。

NISAを活用すると「最大で1人あたり1,160万円分の投資元本が非課税対象」となり、売却益や配当金等に税金がかからないので、節税効果は抜群です。


11/30(水)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度8年連続第一位

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク