老後の生活資金は用意していますか?

老後、夫婦で一緒に住んでいる場合、最低限必要な生活資金は月額 22.5万円必要という調査結果が出ています。

最低日常生活費

生命保険文化センター 「生活保障に関する調査」(平成25年)の調査にて「老後を夫婦2人で暮らしていくうえで、日常生活費として月々最低いくらぐらい必要だとお考えですか?」という質問に対して60歳代の方より得た回答の平均値です。最も多かった回答は20~25万円と回答した31.4%。

もちろん、趣味や外食、旅行など、老後の生活を充実させる為や、最適な医療や介護などを受ける為には、それ以上の生活資金が必要になります。

厚生年金にしろ、国民年金にしろ、年収などによっては受け取る月々の金額が、上記の最低限 生活をする上で必要な22.5万円に届かない方も出てくると思います。
(ちなみに、私も届きませんし、私の周りも届かない人が多いです。)

年金の受給金額は毎年 送付されてくる通知書などで把握できます。
老後になってから困らないように今のうちから把握しておきましょう。

老齢基礎年金の受給金額

老齢基礎年金とは、国民年金に加入し、需給の要件を満たした方が、所定の年齢になってから受給する年金のことです。

参考までに、平成23年の老齢基礎年金の年金月額の分布は下記のとおりです。
第7回 社会保障審議会 年部会 参考資料厚生労働省

老齢基礎年金

いかがでしょうか?

冒頭で、夫婦二人で生活するには月額 22.5万円必要だと説明しましたが、上記の受給金額を2人分として2倍にしても、とても足りません。

これは、なぜかというと「老齢基礎年金」の仕組みが「家族と同居することを前提とした時代に創られた制度」であると考えると納得がいくかもしれません。

つまり、高齢者の一人暮らしなどは到底、想定していません。

老後の生活資金は・・・自分で用意するしかない!

お金は勝手に増えません。残念ながら・・

上記のとおり、年金だけで生活できない方は「老後の生活資金」を「自分」で用意しておく必要があります。

おじいちゃん世代は銀行の金利も高かった!

預金金利が低い現在。
銀行にお金を預けても資産はほとんど増えません。

参考までに、1,000万円をみずほ銀行に10年間預けた際の金利はわずか「0.250%」です。(2014.4現在)


10年間預けた場合、10年後の資産は10,252,831円になります。
つまり、金利で増えた金額は「252,831円」です。

少しでも高い利率で資産を運用する必要がある

私は株式投資を行っていますが、それは「銀行金利より良い利率で資産を運用したいから」です。

元本割れするリスクもありますが、無理をしない取引を心掛けていれば、銀行金利以上の資産運用は決して難しくないと思っています。

上記で銀行に預けていた1,000万円。
株式投資で年利1%という 無理のない目標で10年間 運用できた場合。

10年後の資産は11,046,221円。
つまり、株式投資で増えた金額は「1,046,221円」になります。

預金金利と比べて、約79万円も多く資産が増えました。
(銀行の預金金利は10年間で252,831円の利息)

預金金利だけで資産は増えない

おじいちゃん世代は銀行の金利も高く、預金さえしておけば、老後資金が確保できましたが、現在の金利は低すぎて利息は期待できません。

ちなみに、私の個人的な運用目標は年20%です。
通期を通して20%は達成できていませんが、通期で10%は達成しています (  ̄∇ ̄)

自分の老後の生活資金は自分で用意するしかありません。

株式サイト「カブスル」では こちらのページの内容をもう少し詳しく書いています。興味のある方はぜひ ご覧ください。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。