NISA口座を他の金融機関に変更したい:NISA(ニーサ)の質問集

NISA口座は1年ごとに変更が可能になっております。

例えば、2014年に「A銀行でNISA口座」を開設していた場合、2015年に「B証券会社にてNISA口座」を開設することが可能です。

参考までに、銀行では株式投資が出来ません。( NISA口座を選ぶポイント

NISA口座変更の手続きの流れ

NISA口座を変更するには、現在 NISA口座を開設している金融機関に「変更届出書」を提出する必要があります。

変更手続きが完了すると、他の金融機関にてNISA口座を開設・利用することが可能になります。

ただし、変更前のNISA口座にて、変更したい年に一度でも株式や投資信託の買付を行うと、本年度中の変更は出来なくなりますのでご注意下さい。

  1. - 変更前の金融機関での手続き -
  2. 変更前の金融機関に「変更届出書」を請求する。
  3. 「金融商品取引業者変更届出書」が届く。
  4. 必要事項を記入し「金融商品取引業者変更届出書」を返送する。
  5. 「勘定廃止通知書」が届く。
  6. - 変更先の金融機関での手続き -
  7. 変更したい金融機関にて新たにNISA口座の開設を行う。
  8. NISA口座開設の書類が届く。
  9. 変更前から届いた「勘定廃止通知書」を同封して書類を返送する。
  10. 税務署で確認手続きが始まる。

大体、全ての手続きが終了するのに3~4週間程度かかります。

NISA口座を変更した際の注意点

NISA口座を変更した際の注意点です。

  • 前年度に購入した株や投信を新しいNISA口座へ移管出来ません。
  • 前年度に利用していたNISA口座は「保有専用のNISA口座」になります。
  • 非課税期間を5年間延長して合計10年間利用出来る「ロールオーバー」を利用出来ません。(金融機関を変更した場合、非課税期間は5年間で終了。)

スポンサードリンク


9/29(金)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク