NISA口座を他の金融機関に変更したい:NISA(ニーサ)の質問集

NISA口座は1年ごとに変更が可能になっております。

例えば、2014年に「A銀行でNISA口座」を開設していた場合、2015年に「B証券会社にてNISA口座」を開設することが可能です。

参考までに、銀行では株式投資が出来ません。( NISA口座を選ぶポイント

NISA口座変更の手続きの流れ

NISA口座を変更するには、現在 NISA口座を開設している金融機関に「変更届出書」を提出する必要があります。

変更手続きが完了すると、他の金融機関にてNISA口座を開設・利用することが可能になります。

ただし、変更前のNISA口座にて、変更したい年に一度でも株式や投資信託の買付を行うと、本年度中の変更は出来なくなりますのでご注意下さい。

  1. - 変更前の金融機関での手続き -
  2. 変更前の金融機関に「変更届出書」を請求する。
  3. 「金融商品取引業者変更届出書」が届く。
  4. 必要事項を記入し「金融商品取引業者変更届出書」を返送する。
  5. 「勘定廃止通知書」が届く。
  6. - 変更先の金融機関での手続き -
  7. 変更したい金融機関にて新たにNISA口座の開設を行う。
  8. NISA口座開設の書類が届く。
  9. 変更前から届いた「勘定廃止通知書」を同封して書類を返送する。
  10. 税務署で確認手続きが始まる。

大体、全ての手続きが終了するのに3~4週間程度かかります。

NISA口座を変更した際の注意点

NISA口座を変更した際の注意点です。

  • 前年度に購入した株や投信を新しいNISA口座へ移管出来ません。
  • 前年度に利用していたNISA口座は「保有専用のNISA口座」になります。
  • 非課税期間を5年間延長して合計10年間利用出来る「ロールオーバー」を利用出来ません。(金融機関を変更した場合、非課税期間は5年間で終了。)

スポンサードリンク

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「NISAのはじめ方」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • お問合せは メインサイトの「初心者の株式投資道場 お問合せフォーム」よりお願いします。