何故、非課税枠の上限が100万円なのか?:NISA(ニーサ)の質問集

「小額」の投資に限らないと、「お金持ち優遇」の制度になってしまうからと言われています。

仮に、非課税枠の上限を撤廃すると、余裕資金が多いお金持ちは、株式投資や投資信託の配当金(分配金)が非課税となるので、NISAを積極的に利用するかと思われます。

余裕資金がお金持ち程多くない庶民は、NISAの非課税の恩恵をお金持ちより受けられなくなり、結果、「お金持ち優遇の政策」となります。

また、100万円という分かりやすい かつ 現実的な金額にて、投資活動に興味のない人に興味を持ってもらうといった狙いも含まれているそうです。

2014.7現在。
非課税枠の上限を120万円~300万円に引き上げる案が出ています。
120万円という数字は月10万円×12か月=120万円、300万円は単純に3倍した金額のようです。

スポンサードリンク

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「NISAのはじめ方」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • お問合せは メインサイトの「初心者の株式投資道場 お問合せフォーム」よりお願いします。