何故、非課税枠の上限が100万円なのか?:NISA(ニーサ)の質問集

「小額」の投資に限らないと、「お金持ち優遇」の制度になってしまうからと言われています。

仮に、非課税枠の上限を撤廃すると、余裕資金が多いお金持ちは、株式投資や投資信託の配当金(分配金)が非課税となるので、NISAを積極的に利用するかと思われます。

余裕資金がお金持ち程多くない庶民は、NISAの非課税の恩恵をお金持ちより受けられなくなり、結果、「お金持ち優遇の政策」となります。

また、100万円という分かりやすい かつ 現実的な金額にて、投資活動に興味のない人に興味を持ってもらうといった狙いも含まれているそうです。

2014.7現在。
非課税枠の上限を120万円~300万円に引き上げる案が出ています。
120万円という数字は月10万円×12か月=120万円、300万円は単純に3倍した金額のようです。

スポンサードリンク


9/29(金)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク