非課税枠を上限いっぱいまで利用したいんだけど?:NISAの質問集

NISA口座の非課税枠を上限いっぱいまで利用する方法です。
個人的には3通りの方法が考えられます。

2014年の非課税枠の上限は100万円、2015年度以降は上限が拡大される見込みです。

  1. 100万円近く購入し、余っている金額分は「単元未満株」で購入する
  2. SMBC日興証券」の「キンカブ」を利用する
  3. 100万円付近の銘柄を「指値買い 100万円」で購入する

単元未満株を利用する

単元未満株は単元株を1株から購入することが出来るので、購入単価を低く抑えられます。
例えば、残り2,000円分余っている場合でも、単元未満株であれば その余った資金にて購入が可能です。

ただし、どこの証券会社でもNISA口座で単元未満株を購入出来るわけではありません。
NISA口座で単元未満株を利用できる証券会社は主に下記となります。

個人的には「S株」を取り扱っている「SBI証券」がおすすめです。
ちなみに、NISA口座の各証券会社の比較を下記ページで紹介しています。

キンカブを利用する

SMBC日興証券」では、「キンカブ」というサービスを提供しています。

まさに、NISA向けの商品ともいえるサービスで、設定した金額に合わせて金融商品を1万円以上1,000円単位で自由に組み合わせられます。

詳しくは公式サイト等にてご確認下さい。

100万円付近の銘柄

まぁ、言ってしまえばこちらが究極の方法ですが、・・・投資金額から銘柄を選ぶ人は少ないでしょう(笑)

参考までに98万円以上~102万円以下の銘柄は8銘柄ありました。2014.8.10の時点

マネックス証券のスクリーニング

NISAの非課税枠を100万円いっぱいまで どうしても利用したい方は参考にしてみて下さい(  ̄∇ ̄)

スポンサードリンク


7/31(月)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク