日本郵政グループの株をNISA口座で買えますか?:NISA(ニーサ)の質問集

11/4に上場を果たす日本郵政グループ。

IPO(新規公開株)として「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」の3社が上場を果たします。

NISA口座に向いている

配当利回りが高く、倒産危機もほぼ皆無の郵政グループ3社なので、配当金が非課税になるNISA口座に向いている銘柄とも言えます。

NISA口座での購入方法

NISA口座で郵政グループ3社の株式を購入するには、金融機関にてNISA口座の開設を済ましている必要があります。

株式を購入出来るのは証券会社になりますので、銀行ではなく証券会社のNISA口座を開設しましょう。
(一部の銀行では証券会社を通じて購入出来ますが、直接証券会社にNISA口座を開設した方がスムーズです)

NISA口座で購入するには、

  1. IPOの抽選に参加してNISA口座で購入する
  2. 上場後に市場でNISA口座にて購入する

2つの方法があります。詳しくは本サイトの説明にてどうぞ。

NISAの口座開設には2~4週間の期間がかかりますので、早めに準備しておきましょう。

スポンサードリンク


2017/1/31(火)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク