NISA(ニーサ)のデメリット

「NISA」のデメリットは何と言ってもコレ・・・

NISA口座で発生した損失は、他の口座で得た利益と損益通算出来ない

というのが、NISAの制度上で投資家にとっての最大のデメリットです。

ごく簡単に言うと、
NISA口座にて損失が出た場合には「節税」が出来ない! ということです。

損益通算出来ないとはどういう事?

税金は「利益」に対して発生するんだよ。

ちなみに「損益通算」という言葉を簡単に説明すると、「利益」を「損失」で相殺出来ないということです。

NISA口座と証券会社などの通常の特定口座における取引の例で比較してみます。

1. 特定口座にて株式投資を1年間 売買した場合

  1. 特定口座の A銘柄 で 100万円の利益
  2. 特定口座の B銘柄 で 40万円の損失
  3. 特定口座の C銘柄 で 20万円の損失
  • 税金の対象になる年間の利益は 100万円 - (40万円+20万円)40万円の利益
  • 税金は … 40万円 × 20% = 8万円(税金)

損益通算して利益が圧縮され 年間利益40万円にかかる税金は8万円になる。

2. 特定口座とNISA口座にて株式投資を1年間 売買した場合

  1. 特定口座の A銘柄 で 100万円の利益
  2. 特定口座の B銘柄 で 40万円の損失
  3. NISA口座の C銘柄 で 20万円の損失
  • 特定口座における税金の対象になる年間の利益は 100万円 - 40万円60万円の利益
  • NISA口座における損失は課税されません
  • 税金は … 60万円 × 20% = 12万円(税金)

特定口座内の利益や損失は損益通算が出来るが、NISA口座の損失は損益通算されない
よって上記に比べてNISA口座内の20万円分の損失分は対象とならず税金は12万円となる。

いかがでしょうか?

上記の2つのパターンを比べた場合、NISAで損失を出しても「損益通算」がされない為、節税がされず上記の例では4万円の税金の差となります。

ちなみに、NISA口座同士の利益と損失も損益通算されません。

3. NISA口座にて株式投資を1年間 売買した場合

  1. NISA口座の A銘柄 で 100万円の利益 (100万円の投資元本の運用益)
  2. NISA口座の B銘柄 で 40万円の損失
  3. NISA口座の C銘柄 で 20万円の損失
  • NISA口座の100万円の利益は非課税
  • NISA口座における損失は課税されません
  • 税金は … 0円(税金)

NISA口座では「100万円の投資元本の運用益」は非課税となります。
損失に関しても課税されませんから、税金は0円となります。

利益100万円は上記と同じ例にしているので極端になりましたが、それでもNISA口座では運用益に所得税がかからないという点は非常に大きなメリットですね。

損失の繰越控除も出来ない

NISA口座では、損失の繰越控除の制度も利用できません
制度に関しては少し長くなるので、下記の姉妹サイトの説明を参考にしてみて下さい。

NISA口座は損失を出した時に節税対策がほとんど とれません (´;ω;`)ウゥゥ

NISA口座はメリットも大きいがデメリットも大きい

これまでのNISAのメリットとデメリットをまとめると、NISA口座は、

利益に関しては、非課税となり、とても大きな節税が出来る。

損失に関しては、損益通算出来ず、節税が出来ない。

といった、いわば「諸刃の剣」のような制度になります。

もちろん初めから「損失を出してやろう!」といって投資を行う人はいないと思いますので、得られるメリットを考慮すると思いますが、きちんとデメリットも把握しておきNISAを始めましょう。


3/30(金)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク