NISA(ニーサ)の仕組み

「NISA(ニーサ)」は 家計の資産形成を促進する目的で導入される仕組みです。
NISAとは?」で紹介したとおり、「小額」の「投資」を「非課税」とする「制度」です。

具体的には、

年間120万円の投資元本の運用益が非課税となります。
※2014年と2015年は年間100万円が上限で、10年間で1人あたり1,160万円の非課税枠を利用可能。

上記の運用益には株式投資や株式投資信託による「譲渡益(売却益)」と「配当金・分配金」が対象になっています。

NISAでは、「国債」や「FX」「先物取引」などは対象外となっています。

NISA制度の概要

NISA制度の簡単な概要です。
NISAの制度を利用するには「NISA口座」を金融機関にて開設する必要があります。

NISAのポイント。譲渡益・配当金などが非課税に。非課税投資額は毎年上限100万円まで。
NISA口座の開設条件 日本在住で20歳以上
口座開設数 1人1口座
非課税枠対象の金融商品 上場株式や株式投資信託などの配当金・売買益
非課税枠 毎年120万円の非課税枠を利用
※2015年までは上限は100万円でした。
非課税期間 5年間※5年目の年末まで
NISA口座開設 可能期間 2014年~2023年の10年間
売却の時期 いつでも可能。※ただし、再利用は出来ません。

0歳~19歳まで利用可能な「ジュニアNISA」についてはこちらをご覧ください。
NISAとは、やや仕組みが異なります。

それぞれの概要の詳しい説明は次項以降にて説明いたします。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。