株式投資とは?NISA対象の金融商品

「株式投資」とは、東証一部やJASDUQなどに上場している企業の株式を売買する金融商品です。国内で取引するものを国内株式、海外で取引するものを海外株式と呼びます。

  • 安く買って、高く売る ことにより得られる差額「売却益」
  • 株主に対して利益を還元する「配当金」
  • 株主が株主特典を得られる「株主優待」

これらが株式投資を行う上で得られるものです。
NISA口座で非課税の対象になっているのは「売却益」と「配当金」になります。

株式投資の基本的な内容につきましては、姉妹サイト「カブスル」もご覧ください。こちらでは詳しく紹介しています。

株式投資は自己責任

個人で行う株式投資はよく「自己責任」の金融商品であると言われます。

投資信託がプロによる運用商品に投資するのに対して、株式投資は自分で投資したい企業を選んで投資します。

株式投資では大きなリターンを得る可能性もありますし、大きな損失を出す可能性もあります。自己の判断が問われるので、やりがいもあります。

また、投資家の中には「株主優待」を楽しみにして投資をしている個人投資家も多いです。

蛇足ですが、日本株の60%以上は20万円以下で購入することが可能です。
また、10万円以下でも約30%の株を購入することが可能です。2014.10.17 時点

大きな資金がないと株式投資ができなかったのは「一昔前」の話です (  ̄∇ ̄)

NISA口座における株式投資

株式投資をNISA口座で行う上での個人的な考えです。

初心者

株式投資の基本を理解してから活用したいところです。

IPOの抽選だけにNISA口座の活用を絞れば、リスクも低いので初心者でも安心です。

配当利回りの高い安定企業に投資するのもオススメです。

中級者・上級者

NISAの非課税枠を積極的に活用したいところです。

リスク管理を行い、積極的にNISA口座を活用しメリットを享受したいところです。

配当利回りの高い企業に投資するほか、リスクをとってリターンも望みたいところです。

NISA口座では、

  • 初心者は配当利回りの高い安定企業を狙い、なるべく損失を抑える運用
  • 中級者・上級者は、安定企業の他にリスクもとって積極的な運用

を行いたいですね。

初心者は投資の経験が不足していますので、リスク管理を中心に行っていきましょう。

NISA口座は利益が出れば非課税というメリットを受けられますが、損失を出した場合に損益通算などの節税対策がとれません。

初心者は株式市場の相場にも証券会社の注文システムにも慣れていないと思いますので、中・上級者よりもリスク管理がなかなか出来ません。

初心者の場合は、通常の課税口座(おすすめは特定口座)を中心に利用して、まずは株式投資に慣れてみてください。

通常の株式投資をはじめる場合は、私の姉妹サイトである「カブスル」を参考にしてみてください。

特に同じ失敗をしないよう「失敗談・経験談」は目を通しておいてください(  ̄∇ ̄)

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。