NISA口座から課税口座へ移管した際の注意点

前項でNISA口座の非課税期間5年間が終了した際に、新たな非課税枠、または特定口座/一般口座へ移管ができることを説明させて頂きました。

非課税枠の期間は5年間。その後は売却するか、他の非課税枠へ移行する

NISA口座から課税口座へ移管した際の注意点があります。(上図の2の場合)
それは、移管時時の時価が 新たな非課税枠の取得単価となる事です。

購入時より株価/基準価額が上がった状態で移管した場合

購入時より株価/基準価額が上がっていた場合

NISA口座から課税口座へ移管する際の取得単価は「120万円」になります。

NISA口座で購入して移管し、
課税口座(特定口座/一般口座)で売却した場合
140万円で売却した場合 90万円で売却した場合
140万円-120万円=20万円の利益
20万円×20.315%=40,630円の税金
取得単価(120万円)を下回っているので
税金は発生しない
課税口座(特定口座/一般口座)
最初から購入と売却をした場合
140万円で売却した場合 90万円で売却した場合
140万円-100万円=40万円の利益
40万円×20.315%=81,260円の税金
購入価格(100万円)を下回っているので
税金は発生しない

NISA口座で運用中に、株価/基準価額が上昇し、その後に課税口座(特定口座/一般口座)に移管をした場合、「取得単価が購入価格より高くなる」ので、利益が出た際に支払う税金が少なくなります。

購入時より株価/基準価額が下がった状態で移管した場合

購入時より株価/基準価額が下がっていた場合

NISA口座から課税口座へ移管する際の取得単価は「80万円」になります。

NISA口座で購入して移管し、
課税口座(特定口座/一般口座)で売却した場合
110万円で売却した場合 60万円で売却した場合
110万円-80万円=30万円
30万円×20.315%=60,945円の税金
取得単価(80万円)を下回っているので
税金は発生しない
課税口座(特定口座/一般口座)
最初から購入と売却をした場合
110万円で売却した場合 60万円で売却した場合
110万円-100万円=10万円
10万円×20.315%=20,315円の税金
購入価格(100万円)を下回っているので
税金は発生しない

NISA口座で運用中に、株価/基準価額が下落し、その後に課税口座(特定口座/一般口座)に移管をした場合、「取得単価が購入価格より安くなる」ので、利益が出た際に支払う税金が多くなります。

移管後の売却価格を例題では110万円で売却しましたが、購入価格と同じ100万円で売却した際も税金は発生します。

100万円(売却株価) - 80万円(取得単価) = 20万円の利益。
20万円 × 20.315% = 40,630円の税金が発生!

購入時の株価に戻っただけなのに、税金をとられてしまいました・・・。

NISA口座で購入した時よりも「株価/基準価額」が下落した場合は、移管後に上昇をすると思わぬ税金が発生する場合があります。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。