つみたてNISAとは?

「つみたてNISA」という新しい制度が2018年1月から開始されます。

つみたてNISAの申込みは各金融機関にて既に始まっています。

これまでの「通常のNISA」と違う点を下記で紹介致します。

「NISA」と「つみたてNISA」の違い

制度

つみたてNISA

NISA
非課税枠の上限 毎年40万円 毎年120万円
非課税期間 20年間 5年間
非課税枠対象
の金融商品
120本
2017.10時点
上場株式や株式投資信託等の配当金・売買益
ロールオーバー(移管) 不可 移管の上限は120万円
購入方法 積立のみ 一括・積立

現行NISAとの大きな違いは、

  • 非課税枠の上限の違い ⇒ 現行NISAの1/3の上限(最大:年間40万円)
  • 非課税期間の違い ⇒ 現行NISAの4倍の期間(最長:20年間)

つまり、年間投資金額が抑えられた代わりに非課税期間が伸びました。

年間40万円だと月に平均すると3.3万円
非課税期間が長くなり、より積立投資がしやすい制度になるようです。

現行NISAとの併用は不可

「NISA」と「つみたてNISA」は どちらか一方しか利用できません。

併用は出来ませんので 利用者はどちらを利用するか選択をする必要があります。

どちらを選ぶかは利用者の目的によりますが、一般的には、

  • まとまった資金を運用する方、中長期で積立をしたい方 ⇒ NISA
  • 小額で長期投資をしたい方 ⇒ つみたてNISA

の選択になりそうです。

参考までに、NISAとつみたてNISAは年ごとに変更することが可能です。
NISAで保有しているファンドは非課税期間満了まで非課税の適用となります。
ファンドは移すことは出来ません。


11/30(木)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク