NISAの保有資産は いつ売ればいい?

NISA口座では国内外の株式やFTF/FTN、投資信託を購入出来ます。
NISA口座で保有しているこれらの金融商品をいつ売ればよいかと言うと、

売買のタイミングが自由なのもNISAの魅力

期間内であれば、

いつ、売っても良いです (  ̄∇ ̄)

いや・・・怒らないでくださいね。
売るタイミングは、みなさんの投資方針や考え方で変わると思います。


NISA口座で購入から1分後に売却しても良いですし、非課税枠の利用期間の5年後に売却しても良いです。

NISA口座では「売却してはいけない期間」というものがありません

大切なのは利益をきちんと確定させること

売却のタイミングは自由ですが、大切なのはきちんと利益を確定させることです。

NISA口座の利用期間は基本的に「5年間」です。

売却をしていない場合、5年後に「他のNISA口座へ移行する」か「特定口座/一般口座へ移管する」か「売却をする」かを選択します。【非課税枠とは?

下記は個人的におすすめするNISA活用目的別の売却のタイミングです。

NISA活用目的 売却のタイミング
値上がり益を期待 目標である(または目標に近い)株価や基準価額になった時。
株価が下がり、株価の回復が見込めない時(損切り)。
配当金・分配金狙い 非課税枠終了の5年後、またはロールオーバーをして10年後。
ただし、購入時よりも株価や基準価額がかなり上がっている場合は売却して譲渡益狙いに変更するのもありです。
IPOで大きな利益を狙う IPO銘柄は上場後の値動きが激しいので、初心者は初値売りがおすすめです。
中級者以上は対象のIPO銘柄と市場環境を考慮した売却がおすすめです。

「配当金・分配金狙い」狙いの方も、購入時よりも「株価 / 基準価額」がある程度高くなってきたら、5年間を待たず売却する事も考慮しましょう!

なぜなら、株価や基準価額は上がり続けることはありません。5年間で上がったり下がったりしますので、上がっているうちに売却するのも手になります。

肝心の株価や基準価額が100万円から70万円に下がってしまえば、配当金(分配金)を5年間で15万円 得たとしても、売却時に30万円の損失が出てしまいます。

売却のタイミングは考えておく

売却のタイミングについては、購入時にある程度 考えておくと売却しやすいと思います。

  • 購入時よりも20%上がったら売却する
  • 3年間は何があっても保有し配当金もらい、4年目以降は自由に売却する
  • 長期投資目的なので、購入時より下がっても回復を待つ

などなど。

「5年間」という言葉に惑わされず「今が売却のタイミングだな」と思ったら売却してしまいましょう。

NISA口座でも「損切り」はしましょう

NISA口座は中長期運用が基本の口座ですが、場合によっては「損切り」もしましょう。

NISA口座の非課税枠は5年間。
持ち株に含み損が出ていても、5年間は売却せずにいよう!と 我慢し保有し続けることにより「大損」をする危険性もあります。

決算内容が悪い、財務が健全でない、将来が見通せなくなったなど「売らないといけないストーリー」が出来ている場合は、迷わず売却して損失を確定しましょう。

株価の回復を待つ銘柄は、事業の将来に期待できる企業だけです。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。