NISA口座は1人1口座

「NISA口座」を同じ年に開設できるのは、すべての金融機関において「1人1口座」と決まっています。

つまり、「A証券会社」でNISAの口座を開設すると、同じ年に「B証券会社」でNISA口座を開設することができません。同様に「C銀行」でNISA口座を開設すると、同じ年に「D銀行」や「E証券会社」でNISA口座を開設出来ません。

現在、積極的に各金融機関が「NISA口座を作りませんか~」とキャンペーンを行ったり、勧誘を行っているのは「パイの取り合い(顧客の奪い合い)」をしているからです。

では、NISA口座を他の金融機関へ変更できる?

NISA口座は年に一度、金融機関を変更することができます。

つまり、2014年にA銀行でNISA口座を開設した場合、2015年にB証券会社にてNISA口座を開設することが可能です。

毎年、NISA口座を利用する金融機関を変更することは可能ですが、手続きの流れは結構面倒ですし、毎年毎年 NISA口座を増やしても管理が大変です。

NISA口座を開く際には よく考えて口座を開設した方が良さそうですね (  ̄∇ ̄)
次項ではNISA口座を開く際のポイントを考えてみたいと思います。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。