NISA口座を選ぶポイント金融機関を比較しよう

「NISA(ニーサ)」の口座を開設出来るのは1人1口座。
選択のヒントになるよう、NISA口座を選ぶポイントをいくつか挙げてみます。

ど~れ~に
しようか~な~♪

  1. 証券会社 (ネット証券)
  2. 証券会社 (店舗型)
  3. 銀行

の3タイプに金融機関を分類して比較してみます。

NISA対象 金融商品の幅広さ

NISA(ニーサ)の仕組み」で紹介したように、NISA口座で対象となる金融商品は決まっています。

金融機関により取り扱っている金融商品は違います。
また、各証券会社・各銀行により取り扱っている金融商品も変わります。

金融機関 証券会社 銀行
ネット証券 店舗型
NISA
対象取扱
金融商品
・上場株式 【 国内・海外 】
・株式投資信託
・ETF(上場投資信託)
・ETN(指数連動証券)
・REIT(不動産投資信託)
・株式投資信託

上記の図を見ると、お分かりになるかと思いますが、取り扱っている金融商品の幅広さでは、

「証券会社」の方が「銀行」よりも金融商品を多く取り扱っています。

特に金融商品で人気がある「株式投資」は「証券会社」でなければ取扱がありません。

今、株式投資をはじめなくても、将来的に株式投資も資産運用の候補にされるのであれば、「証券会社」にてNISA口座を開設した方が良さそうです。

注文方法、手数料の違い

NISA対象の金融商品を購入した際の注文方法や手数料による比較です。

金融機関 証券会社 銀行
ネット証券 店舗型
手数料 格安 高め 高め
注文方法 ・電話
・自宅でネットで注文
・電話
・来店
・電話
・来店
備考 注文ツールを利用したり
アナリストのレポートが
無料で読める
証券マンの
アドバイスが聞ける
銀行マンの
アドバイスが聞ける

「銀行」と「店舗型 証券会社」は「店頭窓口」があり、「銀行マン」や「証券マン」が在籍しています。
アドバイスを聞けたり相談できる場合もあるので、「ネット証券」に比べて手数料が高めになります。

アドバイス重視なら「銀行」「店舗型 証券会社」、手数料重視なら「ネット証券」になるでしょうか。ただし、上記で述べたとおり銀行に関しては取扱金融商品が少ないです。

管理人の私は、人のアドバイスよりも自分が買いたいものを好きなタイミングで買って、好きなタイミングで売りたいので、手数料が安いネット証券(マネックス証券)のNISA口座を選択しています。

もちろん、一番大事なことは「何に投資したいか?」ですが、金融商品を幅広く選べる方がその対象も見つかりやすくなります。


5/31(水)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク