都市銀行の比較NISA(ニーサ)口座開設

銀行は株式投資など取り扱っていません

証券会社との比較として、参考までに「銀行」」におけるNISA口座の比較をしてみたいと思います。

ネット証券会社の比較一覧」とも比べてみて下さい。

銀行は、みずほ銀行などの代表的な都市銀行と、ジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット銀行があります。また、地方銀行の代表として横浜銀行と千葉銀行を紹介します。

取り扱っているNISA対象金融商品での比較

NISA口座で対象となっている金融商品の種類による比較です。(2014.2 時点)

銀行 国内株式 外国株式 投資信託 国内ETF 国内REIT 海外ETF
みずほ銀行
都市銀行
no no OK no no no
三菱東京UFJ銀行
都市銀行
no no OK no no no
三井住友銀行
三井住友信託銀行
都市銀行
no no OK no no no
りそな銀行
都市銀行
no no OK no no no
横浜銀行
地方銀行
no no OK no no no
千葉銀行
地方銀行
no no OK no no no
ジャパンネット銀行
ネット銀行
no no OK no no no
楽天銀行
ネット銀行
楽天銀行での取扱なし。「楽天証券」を案内。

ご覧の通り、銀行での取扱金融商品は「投資信託」のみとなります。
各銀行により取り扱い本数や手数料、また下記の特徴等が変わります。

各銀行のNISA口座による特徴の比較

各銀行のNISA口座を利用することによる特徴を掲載しています。
※ こちらで紹介しているのは、あくまでも各銀行の特徴の一部です。

なお、投資信託に関する「購入時手数料」「運用管理費用」「信託財産留保額」「監査費用・売買委託手数料」などの手数料は投資信託の商品によっても変わりますので載せていません。

銀行 特徴
みずほ銀行
  • みずほ銀行のATM時間外手数料が無料
  • コンビニATMのご利用手数料・時間外手数料が無料
  • 「みずほマネープランセット」や「退職金定期預金特別金利プラン」などのお得なプランも利用可能
  • グループ会社の「みずほ証券」では株式投資なども利用可能。
三井住友信託銀行
  • 俳優の佐藤浩市さんが出演しているCMでおなじみの銀行です。
三菱東京UFJ銀行
  • NISA口座開設による特徴がHP上に見つかりません
楽天銀行
  • 金融商品仲介業務として「楽天証券」で取扱う金融商品をご案内
  • グループ会社の「楽天証券」では株式投資なども利用可能。
三井住友銀行
  • NISA口座開設による特徴がHP上に見つかりません
    2013.12時点
りそな銀行
横浜銀行
千葉銀行
ジャパンネット銀行

各銀行のNISA口座による比較を行おうと思いましたが、各銀行ではそれ程 他社と差別化するような内容がHP上にありませんでした。

銀行の場合、預金者などが銀行員のすすめるままにNISA口座を開設するのかもしれませんね。


9/29(金)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク