マネックス証券NISA(ニーサ)口座開設

証券会社名 マネックス証券NISAページ
口座開設手数料 無料
取引手数料
(国内株式)
無料
国内株式
外国株式 米国株 約3,000銘柄
中国株 約1,700銘柄
投資信託 約990本
(積立投資信託は1,000円から)
国内ETF/REIT
海外ETF 296銘柄
(米国株 253銘柄 + 中国株43銘柄)
(2017.3.30 時点)
NISAスペシャルサイト

マネックス証券」は、管理人である私が株式投資のメイン証券会社として利用している証券会社であり、NISA口座も開設しています。

取扱金融商品は豊富

マネックス証券のNISA口座による取扱金融商品は豊富です。

外国株式や外国ETFの取扱も行っており、海外ETFは 296銘柄(米国株 253銘柄 + 中国株43銘柄)と取扱数が多いです。(2017.3.31 時点)

手数料が無料の投資信託「ノーロード投信」の取扱数も500本超と豊富です。(2017.4.26 時点)

また、投資信託は1,000円から始められるので積立投信にも利用が可能です。

国内株式の売買手数料が無料

NISA口座における国内株式(現物取引)の売買手数料は、無料です。

他にも国内株式の売買に関する手数料は発生しません。

IPO(新規公開株)もNISA口座で利用可能に!

IPO銘柄は高騰する場合も多いのでNISA口座で購入できるメリットは大きいです。

マネックス証券のIPOは「完全公平抽選」

抽選に関しては、100株だけ応募しても300株 応募しても当選確率は一緒です!!
極端に言えば、100株で応募(庶民)しても5,000株で応募(お金持ち)しても一緒です。

マネックス証券のIPOは完全公平抽選で庶民にも優しい!

資金量により当選確率が変わることがなく、私みたいな庶民でも当選しやすいです。

管理人は「マネックス証券」で IPOに15回 当選しています。IPOの当選回数が一番多い証券会社です。
(参考:本サイト:管理人のIPO当選実績

IPOの仕組みと詳しい実績については姉妹サイトにてご確認下さい。

サポート体制が秀逸

2010・2011・2012年度、最高評価の「三つ星」を3年連続で獲得!

マネックス証券のコールセンターは、「問合せ窓口格付け」(コールセンター)において、最高評価の「三つ星」を2010・2011・2012年度、3年連続で獲得しています。

管理人も株式投資において何度か分からない点を質問していますが、テンプレの回答ではなく親身な回答をして頂いており、とても好印象を持っています。


また、2013年度のオリコンランキングでは「サービスの充実度」「サイトの分かりやすさ」「提供情報量」「サポート体制」にてNo1の評価を得ています。

目的の投資信託を質問形式で探せる

3つの質問に答えることにより、目的の投資信託を紹介してくれます。

マネックス証券では質問形式で投資信託を探せる

「毎月少しずつ積立したい」「定期的に分配金を受け取りたい」「値動きが大きいタイプに投資したい」などの、質問に答えていくと目的に合った投資信託が絞り込まれます。

米国株の取扱いサービスは秀逸

マネックス証券は米国株の取扱いが主要ネット証券で最多です。
また、取引手数料も他社より安くなっています。詳しくは姉妹サイトもご覧ください。

マネックス証券では他に中国株も取り扱っています。

NISA口座では、米国株・中国株の買付手数料が実質無料になります。(キャッシュバック)

マネックス証券ではNISAを説明した特別ページを公開しています。

申込み画面の記入例です。入力に迷う箇所のみ記載しています。
参考にしながら入力出来るように、別画面で開きます。 ⇒ 「マネックス証券」 の記入例

NISAスペシャルサイトマネックス証券


11/30(木)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク