ネット証券会社とは?

NISA口座で対象となっている金融商品には「株式投資」や「株式投資信託」などがあります。
NISA口座は「証券会社」や「銀行」などの金融機関で開設をすることが出来ます。

NISA口座の開設をするなら個人的には、ネット証券会社をおすすめします。

その理由として、

  1. 上場株式を扱っている(銀行では扱っていない)
  2. 売買の手数料が安い
  3. 自宅で注文が可能
  4. 無料のシステムを利用できる(取引ツール、銘柄管理など)
  5. スクリーニング(銘柄の検索・抽出)を利用できる
  6. 株式投資や投資信託の情報が豊富

などといった点が挙げられます。

また、ほとんどのネット証券会社ではモーニングスター社発行の「株式新聞(月額4,200円)」をWeb上で「無料」で読むことも可能です。

上記のように、ネット証券会社はNISA口座で株式投資や投資信託を行う場合、とても便利です。

ネット証券会社の詳しい説明につきましては、私の姉妹サイト「初心者の株式投資道場」でも紹介していますので、そちらものぞいてみて下さい。

次項では、「ネット証券」と「店舗型」の証券会社との違いについて説明します。

NISA口座は1人1金融機関でしか口座を開設出来ませんが、証券会社の総合口座は1人で複数の証券会社に口座を開設出来ます。

まずは、気になる それぞれの証券会社で口座を開いてみて、画面の見やすさやシステムの使いやすさ等を考慮して、NISAを利用する口座を選ぶのも手です。

また、口座を開設したら それぞれの証券会社のサポートセンターに「同じ質問」をして、返答などを確認するのもNISA口座を選ぶ参考になるかもしれません。(特に初心者)

下記で紹介しているネット証券会社の口座開設料は無料です。
また、口座維持に関する手数料もかかりません。

制度開始は2014年1月から10年間。
NISA口座の開設は焦らず、じっくりと考えるのも長い目で見ると大切です。


2017/1/31(火)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク