マネックス証券のNISA口座の開設の仕方NISA(ニーサ)口座開設

マネックス証券」のNISA口座の開設方法です。

こちらでは、まだマネックス証券に口座を持っていない方用のご説明ページです。
既に、マネックス証券にて口座を開設されている方は、ログインして「NISA口座の開設」を選択しましょう。

恐らく、記入項目に迷われるんじゃないか?という部分を抜粋して説明していますので、NISA口座開設のご参考にして下さい。

入金先金融機関

入金先金融機関

証券会社への入金先金融機関(いわば振込先)なので、どこでも良いと思います。
出金先金融機関(自分の受取先)の銀行は、後ほど設定出来ます。

特定口座の選択

特定口座の選択

記入項目で一番悩むのが「特定口座 源泉徴収あり/なし」「一般口座」の選択です。

初心者の方は「開設する (源泉徴収あり・配当等の受入あり」をお勧めいたします。
マネックス証券でも推薦していますね (  ̄∇ ̄)

配当金を非課税の対象にする為に「配当等の受入あり」を必ず選択しましょう。

ちなみに、特定口座や一般口座は課税口座ですが、NISA口座を開設する際には合わせて開設をする必要があります。

ご請求コード

ご請求コード

こちらは「プレゼント企画」などを行っている場合に入力します。
入力すると企画に参加出来ます。※「プレゼントコード」という名称の方が分かりやすいですね。

あなたと上場会社との関係

あなたと上場会社との関係

こちらは何のために聞いているかというと「インサイダー取引」をチェックする為に聞いています。上場会社にお勤めでないなど項目に関係ない場合は「該当しない」で大丈夫です。

参考までに「1」 : 初回ログイン時で聞かれること

本人確認書類などを提出して、無事、口座開設が完了。
初回にログインすると下記の内容を聞かれます。合わせて参考にどうぞ。

初回ログイン時に聞かれる項目
  1. 金融資産
    貯金や不動産などのご自身の資産です。
  2. 主たる金融資金の性格
    株の基本は余裕資金ですが、近いものをお選び下さい。
  3. 投資方針
    「収益性重視」は文字通り収益性重視の取引になるかと思います。株式投資やFXなどの金融商品がそれに当たります。
    「安定性重視」はローリスクローリターンの金融商品。国債などの金融商品が当たるかと思います。
    「バランス重視」はどちらも重要って事ですね。私はバランスにした覚えがあります。
  4. 興味のある商品
    「株式」は通常の「株式投資」です。
    「投信」は投資信託でお金をプロに任せて運用します。
    「債権」は国が発行する国債、会社が発行する社債があります。お金を貸すことにより金利収入を得られます。
    「為替」は外国為替でドルを買ったり売ったりして、売買の差額の利益を得ます。
    ※参考までに私は株式だけチェックをしました。

参考までに「2」 : 株式売買手数料コースの選択

株式売買手数料コースの選択

通常の取引であれば「取引毎手数料」を選択しておけばOKです。

参考までに「3」: 各種商品口座の開設

下記の画面が出てきます。
簡単に言えば、他の金融商品もやってみませんか?という事です。

各種商品口座開設をご希望の方

各金融商品の仕組みが分からない場合は、後回しにしましょう。
後からでも開設することが出来ますので。

全て入力等が終わるとマネックス証券から後日、書類が発送されてきます。

マネックス証券から国税庁へ非課税適用の申請が完了すれば取引が出来るようになりますが、多少時間がかかります。


2017/1/31(火)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク