SBI証券のNISA口座の開設の仕方NISA(ニーサ)口座開設

SBI証券」のNISA口座の開設方法です。

こちらでは、まだSBI証券に口座を持っていない方用のご説明ページです。
すでに、SBI証券にて口座を開設されている方は、ログインして「NISA口座の開設」を選択しましょう。

おそらく、記入項目に迷われるんじゃないか?という部分を抜粋して説明していますので、NISA口座開設のご参考にしてください。

SBI証券の口座開設タイアップキャンペーンの入力方法

動画(Youtube)でも「SBI証券の口座開設方法」をご紹介しています。
こちらは現金2,000円が頂けるSBI証券の口座開設キャンペーンの記入例となっております。

※通常の口座開設方法の動画はこちら。⇒ SBI証券の口座開設方法

特定口座の選択

特定口座の選択

記入項目で一番悩むのが「特定口座 源泉徴収あり/なし」「一般口座」の選択です。

初心者の方は、一番上の「特定口座を開設する (所得税・地方税の源泉徴収を選択する」をお勧めいたします。参考までに私もそちらを選択しています (  ̄∇ ̄)

ちなみに、特定口座や一般口座は課税口座ですが、NISA口座を開設する際には合わせて開設をする必要があります。

NISA口座の選択

NISA口座の選択

NISA口座の開設を目的としていますので、チェックは そのまま入れておきましょう。

外国為替保証金取引(FX)口座

外国為替保証金取引(FX)口座

一般に「FX」と呼ばれる金融商品です。
ドルを買ったり売ったりして、売買の差額の利益を得ます。

レバレッジという仕組みで元本以上の資金を動かせるのが特徴で、どちらかというとハイリスクハイリターンな投資です。

FXの仕組みが分からない または 利用する可能性がない場合、口座開設は後回しでもよいかと思います。いつでも開設出来ますので。

参考までに、NISA口座ではFXは購入出来ません。つまり、非課税になりません。
NISA対象の金融商品は?

住友SBIネット銀行

住友SBIネット銀行

こちらはお好みで選択してください。
ネット銀行があると、証券会社への入出金がスムーズになり、即時入金も可能になります。

ユーザーネームとパスワードの確認

申込みが完了すると、SBI証券のログインに必要な「ユーザーネーム」と「パスワード」が表示されますので、メモっておきましょう。すぐにSBI証券にログインができるようになります。

「ファイル保存」または「印刷」のボタンを押して保存することも可能です。

万が一、メモを忘れても後日送られてくる「口座開設完了通知書」にも記載されていますのでご安心を。

以上、すべての入力項目を埋め、確認画面の確認も終わると登録したメールアドレスに下記のメールが届きます。

登録時に送られてくるメール

SBI証券の登録時に送られてくるメール

早速、STEP1 のログインを行ってみましょう。
先ほどメモをした「ユーザーネーム」と「パスワード」を使ってログインします。
忘れた場合はメールに記載しているアドレスから確認できるようです。

ログイン後 其の1 : インサイダー登録について

こちらは何のために聞いているかというと「インサイダー取引」をチェックする為に聞いています。上場会社にお勤めでないなど項目に関係ない場合はそのまま次へ進んで大丈夫です。

ログイン後 其の2 : 投資に関するご質問について

質問が投資初心者には難しいと思いますので、分からない点につきましてはそこまで神経質になって回答しなくて大丈夫だと思います。
分かる範囲内で自分に合ったものを選んでみてください。

  • ご投資の方針
    利回りというのは「配当金」による利益です。
    値上がり益というのは「売買の差額」による利益です。
    詳細については「株で利益を得る仕組み」もご参考にしてください。
  • 主たる資金の性格
    株の基本は余裕資金ですが、近いものをお選びください。
  • 資産運用期間
    資産運用期間につきましては「投資期間の考え方」を参考にしてみてください。
    株は売りたいときに売るので、どれを選んでもよいと思いますが。
  • ご興味のあるお取引
    「株式現物取引」は通常の「株式投資」です。
    「株式信用取引」は証券会社からお金を借りたり株を借りたりして行う株式投資です。詳しくは「信用取引とは?」にて。
    「投資信託」はお金をプロに任せて運用します。
    「公社債」は国が発行する国債、会社が発行する社債があります。お金を貸すことにより金利収入を得られます。
    「累積投資(るいとう)」は株を毎月一定金額づつ購入していく取引です。
    「外国証券」とは外国の銘柄を売買する株式投資です。
    「先物取引」はあらかじめ決められた日にちに決められた価格で商品を売買しましょうと約束する取引です。
    「オプション取引」とは、将来の決められた期日(満期日)にあらかじめ決められた価格(権利行使価格)で対象となっている資産を買付ける、または売付ける「権利」を売買する取引です。

おそらく投資がはじめての方はチンプンカンプンだと思います。
私も説明していて頭が痛くなってきました・・・。
分かる範囲内で答えましょう。
たとえば興味のある取引はNISA対象の「株式現物取引」「投資信託」を選択するなど。

本人確認書類の返送

SBI証券から後日、書類が発送されてきます。
免許書などの本人確認書類を返送しましょう。

SBI証券から国税庁へ非課税適用の申請が完了すれば取引ができるようになりますが、多少時間がかかります。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。