SMBC日興証券のNISA口座の開設の仕方NISA(ニーサ)口座開設

SMBC日興証券」のNISA口座の開設方法です。

こちらでは、まだSMBC日興証券に口座を持っていない方用のご説明ページです。
すでに、SMBC日興証券にて口座を開設されている方は、ログインして「NISA口座の開設」を選択しましょう。

おそらく、記入項目に迷われるんじゃないか?という部分を抜粋して説明していますので、NISA口座開設のご参考にしてください。

SMBC日興証券 口座開設申込書

SMBC日興証券の口座開設方法

動画(Youtube)でも「SMBC日興証券の口座開設方法」をご紹介しています。

振替株式の配当金などの証券口座受取申込 (配当金の受取方法)

振替株式の配当金などの証券口座受取申込
※画像はクリックで拡大します。

難しく書いていますが、配当金の受取方法のことです。

配当金を非課税の対象にする為に「株式数比例配分方式」にする必要があります。
よって、こちらには必ずチェックを入れておきましょう。

ご興味のある取引

ご興味のある取引

質問が投資初心者には難しいと思いますので、分からない点につきましてはそこまで神経質になって回答しなくて大丈夫だと思います。
分かる範囲内で自分に合ったものを選んでみてください。

  • ご興味のあるお取引
    「株式」は通常の「株式投資」です。
    「転換社債」は株式に転換する権利がついた社債のことです。
    「株式信用取引」は証券会社からお金を借りたり株を借りたりして行う株式投資です。詳しくは「信用取引とは?」にて。
    「ラップ/SMA」はオーダーメイドの資産運用サービスです。
    「債権」は個人向け国債や地方債など、国内外の債券です。
    「投資信託」はお金をプロに任せて運用します。
    株式型は株に投資し、公社債型は国の国債や会社の社債に投資します。
    「外貨商品」は外貨MMFなど、外貨建ての証券や債券です。
    「保険商品はその名のとおり保険商品です。SMBC日興証券で取り扱っています。

おそらく投資がはじめての方はチンプンカンプンだと思います。
私も説明していて頭が痛くなってきました・・・。
分かる範囲内で答えましょう。
たとえば興味のある取引はNISA対象の「株式・転換社債」「株式投資信託」を選択するなど。

当初のご投資目的

当初のご投資目的
※画像はクリックで拡大します。

人それぞれなので、どれを選んでもよいと思います。
参考までに私は「安全性と収益性のバランスに配慮した運用」にチェックしました。

特定口座の選択

特定口座の選択※画像はクリックで拡大します。

記入項目で一番悩むのが「特定口座 源泉徴収あり/なし」「一般口座」の選択です。

初心者の方は、一番上の(1)「特定口座の開設を源泉徴収ありで申込みます」をお勧めいたします。参考までに私もそちらを選択しています (  ̄∇ ̄)

「特定口座の開設を申込みます」という欄にチェックが入っているかも確認してください。
チェックが入っていない場合はチェックを入れておきましょう (  ̄∇ ̄)

ちなみに、特定口座や一般口座は課税口座ですが、NISA口座を開設する際には合わせて開設をする必要があります。

NISA口座の申込み

非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届書

NISA口座の開設をするには、別紙の
「非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届書」
に記入をする必要があります。


配当金受取方法のお申込みについて

NISA口座の選択

配当金を非課税の対象にする為に「株式数比例配分方式」にて申し込む必要があります。
よって、こちらには必ずチェックを入れておきましょう。

住民票の提出

NISA口座の開設には住民票も合わせて提出する必要があります。
詳しくは同梱されている用紙に書いてあります。

SMBC日興証券から国税庁へ非課税適用の申請が完了すれば取引ができるようになりますが、多少時間がかかります。

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


  • 本サイト「NISAのはじめ方」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • お問い合わせは 株式サイトの「カブスル お問い合わせフォーム」よりお願いします。