SBI証券NISA(ニーサ)口座開設

証券会社名 SBI証券タイアップ中♪
口座開設手数料 無料
取引手数料
(国内株式)
無料
国内株式
外国株式 ● 9カ国
投資信託 ● 約2,340本
(積立投資信託は100円から)
国内ETF/REIT
海外ETF ●(約160銘柄)
※2017.3.30時点
NISA SBI証券

SBI証券」は個人投資家の口座開設が多い証券会社です。

オリコンによる証券会社 顧客満足度ランキングにおいて 10度の総合第1位に輝いています。

NISA口座は100万口座を超えました。(2017.7.10時点)

豊富な取扱金融商品

NISA口座開設におけるSBI証券のメリットは何と言っても豊富な取扱金融商品です。

国内の株式はもちろんのこと、外国の株式の取扱もいち早く発表しています。
また、取り扱う外国株式も9カ国と幅広いです。

海外ETFにも対応しており、分散投資にも向いております。

国内株式の売買手数料が無料

NISA口座内における国内株式(現物取引)の売買手数料は、無料です。
約定代金に左右されません。

また、NISA口座内における海外ETF買付の手数料も同様に無料です。

投資信託の積立は100円から

自分で資産を運用するのが苦手な人は、プロに資産運用を任せる「投資信託」がおすすめです。
SBI証券の場合、100円から積立投資信託を利用することが出来ます。

投資信託の取扱は約2,400本。
手数料が無料のノーロード投信も多く取り扱っています。※2017.6.1時点

IPO(新規公開株)もNISA口座で利用が可能

SBI証券では、IPO申し込み時に「NISA口座」「一般口座」のどちらで購入するかを選択出来ます。
IPO銘柄は高騰する場合も多いのでNISA口座で購入できるメリットは大きいです。

IPOの仕組みと詳しい実績については姉妹サイトにてご確認下さい。

NISA口座ランキング

SBI証券ではNISA口座にて「買付金額」や「保有残高」を「ランキング形式」で発表しています。

NISA口座ランキング
  • 国内株式
  • 外国株式
  • 投資信託

と、金融商品別にランキングされていますので、他の方がどの銘柄を購入しているのかが分かり、購入の際の参考になります。

夜間取引が可能

SBI証券では、私設取引システム「PTS」により、一部の時間を除いた8:20~23:59まで取引を行うことが可能です。また、手数料も約5%安くなります。

証券市場が終わった「夜間」でも、会社の「お昼休み」にも取引できるのは日中忙しいサラリーマンなどにとって便利です。

単元未満株のS株を利用可能

SBI証券では単元未満株の「S株」もNISA口座で購入することが出来ます。
中途半端な金額の購入も可能なので、1枠100万円の新規購入分の枠をめいっぱい利用することも可能になりそうです。

ただし、注意点としてNISA口座でS株を売買した場合は、手数料が発生します。
上記で説明したNISA口座での国内株式手数料の無料については対象外となりますのでご注意下さい。

NISA向きの投資信託が紹介されている

また、投資信託の場合、NISAのおすすめのファンドも紹介されています。
迷っている方はファンド選びの参考にしてみて下さい。

おすすめファンド

投資信託のファンド選びで評価が見られる

投資信託のファンドを選んだ際、5段階で評価が見られます。
ファンド選びの参考に出来ます。

投資信託のファンド選びで評価が見られる

また、5つのファンドを選択して比較することも出来ます。

NISA専用ダイヤル

NISAの制度はちょっとややこしいです。
分からない点があった際、電話にて問合せが可能です。

口座管理が簡単!

ひとつの証券総合口座で「NISA口座」も「特定/一般 口座」も まとめて管理が出来ます。
買付注文時にNISA口座で購入するか、課税口座で購入するかを選択することが出来ます。

SBI証券ではNISAの説明ページを公開していますので、そちらもご覧下さい。

SBI証券と当サイトのコラボキャンペーン

大好評につき 7/31(月)まで再延長されました (  ̄∇ ̄)

SBI証券さんとのコラボキャンペーンを 7/31(月)まで行っています。
下記のリンクからのお申し込みに限り、

「現金 2,000円」

を もれなく頂くことが可能です。
(新規口座開設+住信SBIネット銀行へ2万円ご入金が条件です。詳しい手順につきましては上記リンクからご確認下さい)

同時に行われている通常キャンペーン(最大10万円プレゼント + 住民票取得代行(NISA口座))とタイアップキャンペーンとの併用も可能です。

つまり、併用すると 最大10万円 + 現金2,000円のプレゼントになります。

申込み画面の記入例です。入力に迷う箇所のみ記載しています。
参考にしながら入力出来るように、別画面で開きます。 ⇒ 「SBI証券」 の記入例


7/31(月)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク