店舗型証券会社の比較NISA(ニーサ)口座開設

ネット証券会社と比べてみましょう♪

参考までに、対面取引が可能な大手の「店舗型証券会社」におけるNISA口座の比較をしてみたいと思います。

ネット証券会社の比較一覧」とも比べてみて下さい。

取り扱っているNISA対象金融商品での比較

NISA口座で対象となっている金融商品の種類による比較です。(2014.2 時点)

証券会社 国内株式 外国株式 投資信託 国内ETF 国内REIT 海外ETF
SMBC日興証券
総合コース
OK OK OK OK OK OK
野村證券 OK no OK 未掲載 未掲載 未掲載
みずほ証券 OK OK OK OK 未掲載 未掲載
大和証券 OK OK OK OK OK 未掲載

国内対象の金融商品の取扱はどこも行っておりますが、海外対象の金融商品については証券会社にて取扱が異なります。

NISA口座 取引手数料による比較

NISA口座による国内の株式投資による取引手数料の比較です。

なお、手数料につきましては、「店頭での対面取引」と「ネットやコールセンターで取引」がありますが、店舗型のメリットは対面で相談等が出来る事にありますので、店頭での対面取引による手数料を掲載しています。※2014.2 時点

証券会社 10万円 20万円 50万円 100万円
SMBC日興証券
総合コース
5,250円 5,250円 6,037円
(1.2075%)
12,075円
(1.2075%)
野村證券 2,730円 2,730円 6,825円
(1.365%)
11,634円
(0.903%+2,604円)
みずほ証券 2,625円 2,625円 5,512円
(1.1025%)
11,025円
(1.1025%)
大和証券 2,625円 2,625円 6,037円 12,075円

上記の手数料は「対面取引」による国内株式投資の手数料です。
コールセンターを利用したり、インターネットを利用した場合は、上記手数料より安くなります。

なお、投資信託に関する「購入時手数料」「運用管理費用」「信託財産留保額」「監査費用・売買委託手数料」などの手数料は投資信託の商品によっても変わりますので載せていません。各証券会社の投資信託商品にてご確認下さい。


11/30(木)まで!

SBI証券」さんと「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン
NISA口座の金融機関を比較

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

国内株式の売買手数料が無料
サポート体制が秀逸
IPOの活用も可能

マネックス証券

マネックス証券のNISA口座の説明

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

NISA取扱金融商品が豊富
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

SBI証券

SBI証券のNISA口座の説明

店舗もある大手証券会社
SMBC日興証券

NISA向け金融商品「キンカブ」
投信つみたては月1万円から
IPOの活用も可能

SMBC日興証券

SMBC日興証券のNISA口座の説明


サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク